幼稚園の紹介

本園は真宗大谷派(東本願寺)が設置経営する幼稚園であり、社団法人大谷保育協会の加盟園として、「本願に生きともに育ちあう」ことを願う、真宗保育を実践しています。
幼児一人ひとりのいのちを大切にし、一人ひとりがもっている可能性を尊重していくことに重点をおいています。幼児自らが「育つ力」を信じ、幼児が願いや期待を持って遊びに取り組めるよう、幼児期にふさわしい生活環境を作っています。

保育方針

「ほとけの子 つよく 明るく 元気にのびる」
願われる子どもの姿
  • 明るくいきいきとした子ども
  • よく聞きよく考える子ども 
  • 思いやりのある子ども  

園長のことば

幼児教育の重要性を考えて、宗教心の芽生え(報恩・感謝の気持ち)を養い、

  • 幼児一人ひとりの命の輝きを大切にすること
  • 幼児一人ひとりのもっている力を尊重すること

に重点をおきながら、「あなたはあなたのままでいいですよ」という仏様の声(み教え)のもとにひとりひとりを受け止め、子ども達が集団生活の中で友達の存在に気付きながら、「友達っていいな」「幼稚園っていいな」と思える「確かなであい」をしていくことを大切に考えています。

高倉幼稚園 園長 

「サガエさん」の大好きな高倉幼稚園

佐賀枝 夏文

はじめまして

ボクは、長い間幼稚園の先生、保育士さんの養成校の教員をしてきました。定年退職をして高倉幼稚園に着任しました。あらためてフェレッシュな眼で見させていただいた高倉幼稚園のルポをしてみます。
おおくの保育施設が保育ニーズに応えるべく、さまざまに様変わりしています。それは、家族の縮小や就労形態が変化したからです。そのなかで、保育施設は変わることに重きを置いているようにみえます。それは、「預ける保護者」と「預かる保育施設」という関係になりつつあります。本来の保育の姿は、保護者と幼稚園が協同して「園児さん」の育ちを見守り支えるところにあります。

高倉の子

高倉幼稚園は、園児さんを中心に、保護者も教職員ともども「みほとけ様」のもと「ともにいっしょに育つ」ことを大切にしています。幼稚園本来の大切な基本を守りながら日々の教育・保育実践をしています。「子育て」は生涯のたいせつな時期です。この時期を「ともにいっしょに」応援していきたいとおもいます。
高倉幼稚園は先輩たちが使った古い園舎をとても丁寧に使っています、それが、園児さんへの応対の丁寧さにも通じています。人生を「丁寧に生きる」ひとづくりにも通じています。
誕生した「いのち」・・・、わたしたち「おとな」の「ともしび」として、道を指し示していただいています。わたしたちは、「ともしび」をみつめて日々保育実践しています。
幼稚園教育の真髄は、「遊び」を通して広がる興味と関心の育ちです。遊べる子どもは、意欲的に活動し、さまざまなことが「発見」できます。「発見」の驚き、楽しみは意欲をかきたてます。「生きる意欲は」、遊びから出来上がります。開花した園児さんは、後にはじまる「数字」「言葉」「自然」への関心がおのずと自然に倍増します。学ぶことの楽しさは「遊び」からはじまります。
また、「しなやかな人間性」は「遊び」から生まれます。「しなやかな人間性」を身につけることこそ、生涯の財産です。高倉幼稚園の日々の教育の骨格になっています。
高倉幼稚園では、「ごっこ」遊びとして行事が計画されています。運動会、生活発表会、表現活動などを通して、園児さんは「のびのび」「ドキドキ」してチャレンジしています。

設備紹介

園舎

玄関

園庭

園庭

常設プール

遊戯室

園バス

保育時間

月曜日 9:00〜14:00(パン給食)
火曜日 9:00〜14:00(お弁当)
水曜日 9:00〜14:00(給食)
木曜日 9:00〜14:00(お弁当)
金曜日 9:00〜14:00(米飯給食)
土曜日 完全週休5日制実施

*水曜日は月二回程度、午前保育(9:00〜11:30,昼食なし)です。

保育料詳細

3年保育(4・5歳児)保育料 京都市の定めるところの保育料
>>別紙参照
(3歳児)保育料
母の会(保護者会)費 700円
給食費 1800円

運営規定

高倉幼稚園 運営規定をダウンロード

(C)2012高倉幼稚園 All right reserved.